キッチンの排水管からの水漏れ修理方法

キッチンは生活上で使用頻度が非常に高いため、水回りのトラブルが起きやすい場所でもあります。いざというときに備えて、キッチンで水が漏れた時の賢い立ち回りを押さえておくと安心です。

■シンク下で水漏れ頻度の高い場所とは

キッチンでの水漏れを発見したら、まずはシンク下を開けてみてください。排水管や止水栓などから漏れている形跡がないか確認しましょう。少し水を流すとわかりやすくなります。
原因の多くは排水管です。一般的に塩ビ製であれば排水パイプ、ビニール製であれば排水ホースと区別されています。どちらも経年劣化により水漏れが発生し、穴が開いたり、亀裂が入ることがあります。この場合防水テープで穴を塞ぐことができますが、あくまでも応急処置程度と考える必要があります。劣化によって破損しやすい状態となっているため、新しいパイプもしくはホースに交換することがおすすめです。
次に、排水トラップ部分に使用されているゴムパッキンの劣化やナットの緩みも水漏れにつながります。このほかにも、排水管からの悪臭を防ぐためのゴムがずれることによって水が漏れることもあります。

■専門性の高い技術は業者へ依頼

蛇口と給水管との接続箇所からも水漏れが起きる可能性があります。接続部分にナットやパッキンが使われているため、ナットの緩みやパッキンの劣化がないかを見てみましょう。蛇口を閉めても水が止まらないなどのトラブルがある場合は交換が必要です。それなりに知識と技術を必要とするため、自信がなければ修理を業者へ依頼することも検討してみてください。
自分自身で目視によるチェックを行っても、水が漏れている場所を特定できない場合は、業者へ水道 修理を依頼するしかありません。壁の内部や床下に配置された排水管の内部に、蓄積した汚れや異物などが原因で詰まりが発生しているおそれがあります。例えばキッチンは食器や調理器具に付着した油脂類が排水管内で冷えて固まり、徐々に汚れが蓄積してしまうことは避けられません。パイプクリーナーなどで定期的に洗浄していても、取り切れないこともあります。その場合は専用の道具を使って詰まりを取り除く必要がありますが、早めに業者へ依頼することで修理内容も大掛かりにならず結果として修理費用を抑えることができます。

■まとめ
キッチンの床が水浸しになっていたら、慌てずに考えらえる場所を見ていき水漏れが起きている場所を特定することから始めます。トラブルの原因となっている箇所が特定できれば、自分自身で対応できるか業者へ依頼すべきか判断することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ